ウッディージョーの木製模型の通販なら


■木製建築
ウッディジョー城郭
ウッディジョー寺院
アートモデルK1
木製建築完成品

■帆船模型
ボトルシップ/ミニ帆船
ウッディジョー船舶
ウッディジョー帆船
ウッディジョー+塗料セット
和船

■輸入帆船模型
コーレル社
アマティ社
マンチュアモデル
ビリングボート社
マモリ・ミニシリーズ

■その他木製模型
ウッディジョー
手作り行灯
匠の技シリーズ
アマティ社
マンチュアモデル(大砲)
マッチテクチュアー

■完成品
船舶
寺院
ミニ寺院
城郭

■謙信工房
彩色建築模型
ヒストリカルフィギュア

■工具
基本工具
切断・研削工具
ピンバイスドリル
帆船工具
その他工具

■塗料
接着剤・塗装用品
オイルステイン・他塗料
タミヤカラー
リキテックスカラー

■ケース
帆船用ケース
建物用ケース
アクリル(船)
アクリル(建物)

■パーツ
帆船用素材
帆船用パーツ(アマティ)
帆船用パーツ(ビリングボート)
帆船用パーツ(コーレル)
帆船用パーツ(WJ)
ウッディジョーパーツ

■プラモデル
帆船
帆船(ズベズダ)
その他の船舶
名城
建築
イタレリヒストリー1/72
イタレリヒストリー1/32
ズベズダヒストリー
ミニアート
航空機
その他のプラモデル

■ミニチュア
ジオコレ・建物
ジオコレ・情景
ジオコレ・ザ人間
ミニチュア・その他
ミニチュアルーム

■スタートレック
プラモデル
フィギュア

■その他
ピンズ
エアロベース
本/カタログ

買い物カゴ

法隆寺の歴史

聖徳太子ゆかりの寺院と言われている奈良県の法隆寺。
世界最古の木造建築物群といわれているほど歴史のあるお寺です。
では、法隆寺はどのような歴史を刻んできたのでしょうか?
こちらでは、法隆寺の歴史についてご紹介していきたいと思います。



【 法隆寺の歴史 】

法隆寺は、607年に用明天皇が推古天皇と聖徳太子のために建立したといわれています。しかし、670年には、落雷による火災で法隆寺は焼失したと「日本書紀」に記されており、更に、発掘調査でも確認されています。現在ある法隆寺西院伽藍は、7世紀後半〜8世紀初の建立であるという説があります。
その後、幾度の修理を繰り返し、現在の法隆寺の姿となりました。


【法隆寺の建物の特徴】

《南大門前》

法隆寺の参道は、数年前までは1本道でしたが参詣者が増えたことにより、現在のような幅広い4本の参道が作られました。参道が広くなったことにより、遠くからでも南大門を眺められるようになりました。
南大門前にある、法隆寺の七不思議ともいわれている「鯛石」。
大和盆地が大洪水にあった時、南大門が洪水に巻き込まれることなく、難を逃れたという説から、鯛の形をした石を設置したとされています。

南大門は、室町時代の復古建築であるため、古代建築とは違う特性で建てられています。禅宗様には「木鼻」、中備に大仏様の二斗が和様化された「花肘木」、妻飾は禅宗様の「虹梁大瓶束」が設けられています。
このように、構造美より装飾美を選ぶように時代は大きく変化してきました。

《中門》

中門は、間口の柱間を4間と偶数にし、奥行は2間の偶数、3間の奇数で建てられている異例の門と言われています。また、「怨霊封じの門」や「聖徳太子が子孫を好まないための門」「金剛界・胎蔵界の門」とも言われています。
日本最古の塑造金剛力士立像は、非常に貴重なものとされています。

《五重塔》

五重塔は7世紀末に建てられた建物で、法隆寺では金堂の次に古いものとされています。金堂と同じく、雲斗、雲肘木の組み物や柱の強い膨らみなど、飛鳥様式が様々な部分に見られます。

五重塔は、初重から五重までの屋根の逓減率が高く、屋根の一辺は、初重屋根の約半分の長さしかないのが特徴です。その美しい比例と安定感を備えた五重塔は、「最美の塔」と呼ばれ、多くの人々から注目を浴びております。


当店では、人気の高い法隆寺のウッディージョーを取り扱っております。
中門、五重塔の他にも夢殿など種類もいろいろございますので、法隆寺に興味を持たれた方は、ぜひご覧になって下さい。




Copyright (C) Aqua Castle. All Rights Reserved.